ビジネス書・女性書・心理学書・生活実用書・教育書。あなたの明日を応援する、楽しくて役に立つ本をお届けします。

書籍詳細

100歳までボケずに生き抜く朝田式「脳トレ」

ジャンル

認知症予防の権威が明かす100歳までボケずに生き抜く朝田式「脳トレ」

  • 著 者/朝田隆
  • 定 価/1,430(税込)
  • A5判並製 128頁
  • 刊行日/2020/10/31
  • ISBN/9784804763583

紙の書籍

電子書籍版

  • amazon kindle
  • Google play
  • 紀伊国屋 kinoppy
  • cocoro books
  • Reader Store
  • honto
  • BookLive
  • kobo
  • 7net
  • iBookstore
  • ebook japan
  1. ※販売開始日は書店により異なります。
  2. ※リンク先が正しく表示されない場合、販売サイトで再度、検索を実施してください。
  3. ※販売サイトにより、お取り扱いのない場合がございます。
内容

もの忘れが増えた。道に迷うことがある。人の顔を間違えやすい。探し物が増えた。思い込みが強くなった。気力がわかない。――ありがちな6つの「気になる! 」に対応。最新の研究成果から開発された脳を衰えさせないドリル

目次

 はじめに

PART1 「これって脳疲労?」不安になったら脳トレ開始
脳の総合力をチェック
 針時計を描けるかどうかで、脳の働きぶりがわかる
脳内のしくみ
 5つの部位が活性化すれば、日常生活を快適に送れる

PART2 「忘れっぽくなった」 を解消!
脳疲労のサイン
 絶対知っているはずなのに、思い出せないことがある
脳内のしくみ
 海馬は記憶フィルター。情報は記憶の引き出しに入る
脳健康をアップするには?
 言葉なら絵、絵なら言葉を一緒に記憶し、思い出す

PART3 「道に迷うことがある」を解消!
脳疲労のサイン
 今いる場所がどこなのかおぼつかないことがある
脳内のしくみ
 複数の特殊な神経細胞が「脳内空間地図」をつくる
脳健康をアップするには?
 GPS機能を使わず、目的地まで歩いてみる

PART4 「人の顔を間違えやすい」 を解消!
脳疲労のサイン
 この人誰だっけ? と思うことが増えた
脳内のしくみ
 人や猿には顔を認識する「顔細胞」がある
脳健康をアップするには?
 顔を覚えるときは目→鼻→口の順番に見る

PART5 「探し物が増えた」 を解消!
脳疲労のサイン
 目に入っているのに見つけられない
脳内のしくみ
 探し物は脳をまんべんなく活性化させる
脳健康をアップするには?
 特徴を声に出しながら、規則的に目を動かしてみる

PART6 「思い込みが強くなった」 を解消!
脳疲労のサイン
 「こうあるはず」と思い、イライラしやすい
脳内のしくみ
 側頭葉の神経細胞でなじみ深いものかを判断
脳健康をアップするには?
 「ハッ」とすることで、ものの見方を変えていく

PART7 「やる気が出ない」 を解消!
脳疲労のサイン
 すべてがおっくうに感じてしまう
脳内のしくみ
 報酬系神経伝達物質が、やる気をうながす
脳健康をアップするには?
 習慣化することで、やる気の好循環をつくる
脳トレワーク デュアルタスク
 運動と思考の組み合わせで認知症も予防できる
脳トレワーク 習慣化のコツ
 怒りや恐れが、習慣化のモチベーションになる
脳トレワーク ほめレッスン
 他人をほめ、自分がほめられ、やる気のループをつくる

 おわりに