書籍詳細

ミニマリスト仕事術

ジャンル

「薄い財布」の社長が明かすミニマリスト仕事術

  • 著 者/南和繁
  • 定 価/1,760(税込)
  • 四六判並製 224頁
  • 刊行日/2022/01/19
  • ISBN/9784804718866

紙の書籍

電子書籍版

  • amazon kindle
  • Google play
  • 紀伊国屋 kinoppy
  • cocoro books
  • Reader Store
  • honto
  • BookLive
  • kobo
  • 7net
  • iBookstore
  • ebook japan
  1. ※販売開始日は書店により異なります。
  2. ※リンク先が正しく表示されない場合、販売サイトで再度、検索を実施してください。
  3. ※販売サイトにより、お取り扱いのない場合がございます。
内容

最高に充実した人生を創る術が、ここにある。ミニマリスト的思考で数々の成功をおさめてきた「薄い財布」の社長/デザイナーによる初書籍!不要な仕事、時間、人間関係……捨てるほど、あなたの人生はますます価値を高めていく

目次

はじめに 自分が望む人生を手に入れる、たった1つの方法

第1章 「常識」をリセットする
毎日の当たり前をひっくり返す「ミニマリスト思考」

なぜミニマリストだと、人生がうまくいくのか?
あなたのグラスにはどれくらいの水が入っていますか?
1日24時間の質を劇的に高める方法
「時間の犠牲」は最小限にする
「無理に成長させない」という選択
いま、あなたに最も必要な発想とは何か?
「最小限必要な金額」は自分で決めるしかない
「薄い財布」の背景にある考え方
他人に運命をゆだねるな

第2章 「24時間」を操る
1日の価値を凝縮する「意味のない習慣」の捨て方

フランスの大成功者に学ぶ「最も効率よく決断する方法」
「無駄な時間」はこうして生まれる
大切なのは「質」? それとも「量」?
必要な時間だけ、自分で選びとる
「いつかやろう」では永久に実現できない
大切なことのために、すすんで代償を払う

第3章 「仕事の濃度」を高める
期限に追われなくなる優先順位の決め方

複数のプロジェクトを成功させる人には理由がある
上司も社長もゴールは同じ
その企画書づくりに価値はありますか?
忙しすぎてパニックになる人は、ここがおかしい
期限を守れない人の共通項
出勤してはじめにやってはいけないこと
いつまで「切れない包丁」でキャベツを切り続けるのか?
「時間の見積もり能力」を鍛える
「電話」を捨てれば仕事がはかどる
強制的に自分を動かす「システム」をつくる
アメリカの海兵たちが音を上げる「鬼トレーニング」とは?

第4章 仕事を「ゲーム化」する
オンとオフの区別を捨てて自分を磨く法

効率を上げても「仕事の時間」はなくならない
「仕事」と「プライベート」の区別を捨てる
「未来の自分」を想像して判断する
自分自身への投資には1秒も惜しむな
人生を通じた勉強テーマはあなたの足元にある
もし50億円があったら、明日からどんな仕事をしますか?
単調な仕事を「ゲーム」に変えるコツ①
単調な仕事を「ゲーム」に変えるコツ②
「自分で判断する」ほど仕事は加速度的に楽しくなる

第5章 ミニマルな「コミュニケーション」を極める
人を動かす伝え方・関わり方の秘訣

仕事の成果は「関係者の数」で決まる
コミュニケーションのミニマル化で得られるもの
「1人プロジェクト」のすすめ
「会って話す」より効率のいいコミュニケーションとは?
そのアイデア、埋もれさせてしまっていいのですか?
私があえて「新人歓迎会」を行う真意
たったひと言で仕事相手を動かす秘訣

第6章 「ミニマリスト」として生きる
幸せな人生を送るために一番大切なこと

時間を知りたいとき、あなたは何を見ますか?
運動と睡眠の時間を確保するテクニック
健康に時間を投資することで得られる意外なメリット
ときには「自分の持ち場」を離れてみる
ビジネスチャンスは「不便」の中にある
自分が楽しむからこそ周囲にも幸せがやってくる
私がホテル事業をはじめた理由
「楽しい記憶」はいつまでも色あせない
人が「本当の幸せ」を感じる瞬間
ミニマルで生きれば人生の可能性は無限に広がる

おわりに いまこそ人生という「ゲーム」を楽しもう