ビジネス書・女性書・心理学書・生活実用書・教育書。あなたの明日を応援する、楽しくて役に立つ本をお届けします。

書籍詳細

がん重粒子線治療のナゾ

ジャンル

がん重粒子線治療のナゾ

  • 著 者/川口恭
  • 定 価/(本体/1,600+税)
  • 四六判並製 224頁
  • 刊行日/2015/11/30
  • ISBN/9784804762609

紙の書籍

内容

がんの重粒子線治療は効果が高く安全で、国際的評価が高まり、施設も増えている。しかし、世界をリードしているはずの日本国内では評価が低い。その原理、その成績、その歴史、医療界の主流派たちには不都合過ぎる実像を明かす。

目次

はじめに

第1章 重粒子線治療とは
  1 重粒子線の実績
    がんとは/どう治療するか/重粒子線は国内に5施設/
    他に治療法がないがんに/手術の代わりに/広がる用途/精密さと強さを
    両立
  2 重粒子線が効く原理
    光子線と粒子線/自然放射線/人工放射線/真っ直ぐ進む/医療への利用
    /その治療利用/分割照射/線量分布を良好に/種類によって強さが違う

第2章 重粒子線治療に迫るピンチ
    学会が格下げを提案/正しい、しかし二枚舌/なぜ一緒くた?

第3章 幸運の連鎖が産んだ奇跡の装置
  1 対がん10カ年総合戦略に潜り込めた幸運
    戦略で読めない/本命はがん遺伝子だった/
    羨望怨嵯の的に/構想は1980年から
  2 機が熟していた幸運
    機敏に動いた放医研/バブル絶頂の強欲
  3 期待されていなかった幸運
    重鎮たちお目付役に/新聞から袋叩きに/
    首をすくめて石橋を叩く/米国式と英国式
  4 優秀な物理工学家たちがいた幸運
    世界が驚いた炭素の選択/年度末にサルが死ぬ/
    不思議な電源でノイズが激減/コッソリ呼吸同期法を開発

第4章 進化は続く
    3次元スキャニング/スピード100倍が必要/時計を止める/不要の仕組
    み/回転ガントリー/東芝・会計不祥事の影響

第5章 この素晴らしい遺産を捨てるのか
    陽子線施設が困る/米国に特許化されてからでは遅い/人の養成は急務/
    当座どうすればよいのか

第6章 可能性は医療だけに限らない
    20年後にベストの電源と判明/日本最大の加速器にも/対称3線とは何
    か/ノイズが悪さをする/省エネ効果も/ノイズが温暖化の主犯?

[附録] 重粒子線(炭素イオン線)治療を受ける流れ

おわりに