ビジネス書・女性書・心理学書・生活実用書・教育書。あなたの明日を応援する、楽しくて役に立つ本をお届けします。

書籍詳細

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本

ジャンル

偏差値20アップは当たり前!「本当の国語力」が驚くほど伸びる本

  • 著 者/福嶋隆史
  • 定 価/(本体/1,500+税)
  • 四六判並製 240頁
  • 刊行日/2009/07/27
  • ISBN/9784804761640

紙の書籍

電子書籍版

  • amazon kindle
  • Google play
  • パブリ
  • 紀伊国屋 kinoppy
  • GALAPAGOS
  • Reader Store
  • honto
  • BookLive
  • kobo
  • 7net
  • iBookstore
  • Yahoo!ブックストア
  1. ※販売開始日は書店により異なります。
  2. ※リンク先が正しく表示されない場合、販売サイトで再度、検索を実施してください。
  3. ※販売サイトにより、お取り扱いのない場合がございます。
内容

「国語はセンス」と考えてはいませんか? 論理的思考力さえ身につければ国語なんて怖くない。驚異的な成果で小中学生から絶大な支持を集める元小学校教師が、その秘訣を初公開。

目次

はじめに わが子に「本当の国語力」を身につけさせたいあなたへ
序章 なぜ、私の教え子たちはグングン国語力をつけていったのか?
第1章 じつに意外! 国語ほどシンプルでクリアな科目はない
第2章 国語力アップの決め手! 「言いかえる力」はこう身につけよう1
第3章 国語力アップの決め手! 「言いかえる力」はこう身につけよう2
第4章 ここで大きな差がつく! 「くらべる力」はこう身につけよう
第5章 これで国語は完全攻略! 「たどる力」はこう身につけよう
終章 親の心がまえ・接し方で、子どもの未来は大きく変わる
おわりに 「国語力=論理的思考力」を高める真の目的とは何か?





みんな、最初は国語が苦手だった!
──生徒と保護者からよせられた「喜びの声」

●25倍近い高倍率の、しかも偏差値60を超える入試(首都圏女子校)で見事合格。2科目受験(国語と算数)だったので、国語が苦手なままだったら、その学校の受験自体考えなかったと思います。この合格は娘の大きな自信になりました(小6女子保護者)
●日能研の国語テストでは、いつも偏差値40台。30台のときもありました。でも、先生に習い始めてからは、よい成績が多くなり、最近は偏差値64(受験者数、約1万1000人のなかで750位)をとったこともあります(小5男子)
●センター模試(日能研)の偏差値が半年で50台から60台に上がり、最高で偏差値64、四谷大塚の試験では偏差値65をとることもできました(小6女子)
●中2・前期の期末試験は72点でしたが、後期の中間試験では81点、後期の期末試験では99点になりました(中2男子)
●日能研のテストで150点中148点をとり、大変驚きました(小6女子保護者)
●最初36点だったK塾の読解テストで83点とれた!(入塾4カ月時)(小5男子)
●日能研の偏差値で平均44前後だったのが、1年で60近くにまで上がり、ついにあこがれの第一志望校に合格できました。何よりも、息子が先生を信頼し、勉強を楽しんでいる様子が印象的でした(小6男子保護者)
●市の学力状況調査テストがあったのですが、読解が満点でした!(小5女子)
●高校入試の合格判定模試で約1600人中86位(偏差値68)を獲得!(中3男子)
●海外留学を決める学内選考で提出した作文では、先生のアドバイスのおかげでうまくまとめることができ、見事に留学を決めました(高1男子)
●まだ数カ月指導していただいただけなのですが、学校の定期テストで初めて学年順位1ケタをとることができ、本人も成果を実感しているようです(高2男子保護者)
●入塾時には偏差値42でしたが、1年後には63まで上がりました。とくに読解問題の正答率が格段に上がりました(小4男子保護者)
●通塾から1年半。試しに大手塾の大規模なテストを受けさせてみたら、ほとんどトップに近い成績(偏差値70近く)で驚きました(小3女子保護者)