ビジネス書・女性書・心理学書・生活実用書・教育書。あなたの明日を応援する、楽しくて役に立つ本をお届けします。

書籍詳細

[実践]ストーリーテリング

ジャンル

[実践]ストーリーテリング”論理だけでは伝えにくいこと”が伝わる技術

  • 著 者/野口吉昭
  • 定 価/(本体/1,500+税)
  • 四六判並製 224頁
  • 刊行日/2019/04/30
  • ISBN/9784804718484

紙の書籍

電子書籍版

  • amazon kindle
  • Google play
  • 紀伊国屋 kinoppy
  • cocoro books
  • Reader Store
  • honto
  • BookLive
  • kobo
  • 7net
  • iBookstore
  • ebook japan
  1. ※販売開始日は書店により異なります。
  2. ※リンク先が正しく表示されない場合、販売サイトで再度、検索を実施してください。
  3. ※販売サイトにより、お取り扱いのない場合がございます。
内容

ロジックと数字・情報だけでは人は動かない! プレゼン、スピーチから説得・交渉、営業までのあらゆる場面で、絵が浮かび、イメージがわいて、相手が納得してしまうプロの話し方を徹底解説。心を揺さぶる話には「物語」がある

目次

    はじめに

第1章 あの人が話すとなぜ動きたくなるのか
    ――数字で頭を刺激し、イメージで心を揺さぶる

   01 「伝説のプレゼン」のつくられ方
   02 必ず横たわる「心のギャップ」を埋める
   03 「結論から話せ」はいつも正しいのか?
   04 なぜジョブズの言葉は人を熱狂させたのか
   05 理想は「居酒屋の放談」にある
   06 「子供への読み聴かせ」という原点に戻る
   07 大切なのは「伝える」ことよりも「伝わる」こと
   08 売れる商品にはストーリーがある
   09 「わかりやすい」は武器になる

第2章 伝え上手は話のデザインが必ずうまい
    ――ストーリーは相手軸に立って組み立てる

   01 落語のマクラは聴衆のマーケティングでもある
   02 必要なのは「コンサルタントの質問力」
   03 ロジカルと「ナラティブ」のバランス
   04 永守重信さんが駆使した「数字の突破力」
   05 「1年間だけだまされてほしい」
   06 シナリオとデリバリーがプレゼン二大スキル
   07 ある少女の「感動の国連スピーチ」
   08 人は人の話を聴いていない
   09 モーツァルトから授業を始めた物理学講師

第3章 記憶に残るフレーズを量産する
    ――ストーリーに個性を与える六つのステップ

   01 魅力に到達するためのステップ
   02 「5P」を使って舞台を設定する
   03 コンセプトは一文で書くと明確化する
   04 決め手は「世界観」の有無
   05 「素材マップ」でとがった表現を探す
   06 「小見出し」を立てるとイメージは描きやすい
   07 「スクリプト技術」を使おう
   08 本番に強い人の「原稿のつくり方」

第4章 人は法則通りに感動してくれる
    ――ストーリースクリプトを効果的に使う

   01 PREPで話の構造を決める
   02 TEDに学ぶビジュアル効果の威力
   03 擬態語・擬音語で「話の中」に引き込む
   04 「結婚は美しい旅」となぜいえるのか
   05 世界観はアナロジーでつくれる

第5章 アガリがなくなる語りの安定技術
    ――自信オーラがあふれ出るデリバリースキル

   01 孫正義さんが披露した「魂が涙する話」
   02 ステージの「歩き方」にはコツがある
   03 「自信」を立ち姿で表現する
   04 「質問」はアウェーの硬い空気さえ一瞬で変える
   05 「Zの視線」が必要な時、不要な時
   06 絶妙の「間」は腹式呼吸から生まれる
   07 「言葉のヒゲ」を撲滅する

第6章 心をつかむ一瞬を一流人に学ぶ
    ――日本の話芸と米国名演説の共通点

   01 「私には夢がある」という歴史的ストーリー
   02 スピーチの世界観に聴衆が入っていく
   03 なぜ怪談は「絵が浮かびやすい」のか
   04 こうすれば誰もが「前のめり」に聴く
   05 大切なのは前もって相手を聴く姿勢にすること
   06 「絵が浮かぶ話」がうまい人の共通点
   07 「3000億円」を生んだストーリー
   08 ストーリーテリングはリーダーにこそ不可欠
   09 すぐれたリーダーは平伏させずに心服させる
   10 プレゼンの三大潮流に共通する「共感と共鳴」
   11 思わず納得する「プロの話」の凄さ
   12 ストーリーテリング研修・私の方法

    参考文献など