ビジネス書・女性書・心理学書・生活実用書・教育書。あなたの明日を応援する、楽しくて役に立つ本をお届けします。

書籍詳細

地元な暮らし

ジャンル

後藤さん、今日はどちらへ?地元な暮らし

  • 著 者/後藤由紀子
  • 定 価/(本体/1,400+税)
  • 四六判並製 160頁
  • 刊行日/2017/12/20
  • ISBN/9784804705453

紙の書籍

内容

「あれ、いいじゃん、沼津!」――18歳で上京し、24歳で実家に戻って初めてわかった、地元のよさ。雑貨屋「hal」のオーナーで、今、大人気の著者の視点から見た、「私の街」の魅力を余すところなく教えていただきます!

目次

はじめに 愛すべき地元があるから、私がいる

1 私なりの今の地元

   01 沼津再発見
   02 沼津でお店を開くということ
   03 暮らしの中の富士山
   04 桜パトロールで大忙し
   05 冬の海を見ながらボ〜ッとする
   06 狩野川の記憶が宝
   07 夜の映画館は、異次元の世界――シネプラザサントムーン――

2 昔も今も変わらない地元

   08 青春の思い出 ――仲見世商店街――
   09 あんみつが、ドンブラコと流れてくる! ――どんぐり――
   10 メンチカツサンドとみたらし団子をセットで ――桃屋――
   11 茶畑は、実家への道
   12 感謝の気持ちで三嶋大社へ
   13 向田邦子さんもお取り寄せされていたお茶 ――丸城――
   14 地元の味のイタリアンロール ――冨久家――

3 子育てをしていたころの地元

   15 香貫山へ、息子を捨てに行く
   16 子育て時代の柿田川湧水公園
   17 こいのぼりと、子離れ
   18 土曜日の「お母さんの日」には駿河平自然公園へ
   19 専業主婦時代を過ごした三津浜海岸
   20 12月29日はお餅つき
   21 40歳になったら食堂を開くのが夢だった
   22 車の運転で変わったこと
   23 娘とイチゴ狩り

4 人と人があたたかい地元

   24 記念日には必ず ――ターフル・ドゥ・クドウ――
   25 飲んで歌ってぶっちゃけトーク ――スナックしん――
   26 先輩のお店があったから――チュチュルリエ――
   27 働く姿が教えてくれること ――山正――
   28 カウンターでこっそりひとときを ――カフェブラン――
   29 アジフライ定食の変わらぬ味 ――せきの――
   30 もう一つの沼津名物半身揚げ ――山参鶏肉店――
   31 お隣さんから届く季節の野菜

5 友達に知ってもらいたい地元

   32 地元をご案内できる幸せたるや!
   33 私が住む街に美術館があることの誇り
   34 地元暮らしって楽しい?
     ――平井かずみさんと地元について語り合いました

shop data